オンタリオ州隣の

カナダドルを下ろした私は

葡萄-房から採れる果汁“ご褒美ワイン”だそうだこの本の出版記念にでも飲むとしよう。
の量はなんとスプーン1杯程度のため、本当に希少価値の高い、1本のアイスワインを購入し、大事にタオルでくるんで持って帰ってきた。

レストラン

記憶に残る数少ないレストランを紹介しよう。
レストランの情報については、ガイドブック等を参照願いたい。私が訪れた、CactusClubCafeはカナダ·ブレイス西側の埠頭に有り、Seaplaneの係留施設に近く、窓からの眺めが抜群に良いレストランで、テラス席もある。
私はビールのみオーダーしたが、少し高めのシーフード、ステーキ、ハンバーガーなどのフードも評判が良いようだ。
和食が食べたくなったら、デンマンストリートのKingyo,日本人経営のレストランで味も間違いない。
ロブソンストリートのGuuwithGarlicも和食がおいい。
私は、カレーを食べたが懐かしい味がした。スシなどの和食を安くたくさん食べられる。Gyu-kakuがネレソンストリートとホソビーストリートの交差点にある。ご存知日ちょっと怪しいが、ロブソンストリートのHatopopoは、日本人の経営ではないが、本の焼肉屋で、ディナーは高いがランチなら安く食べられる。
私が通った学校LS1の隣にあり、いつでも行けると思いつつ、結局一度しか行けなかった。
しかし味は日本と同じで間違いない。ランチのここは、時間帯は込み合うのでできれば予約しておくとよい。
ノースバンクーバーのフェリーターミナル近くにTap&Barrel.Shipyardsがある。
晴れた日の昼下がりに、テラスでビールを飲みながらつまむフィッシュアンドチップスが最高だ。
ここで、ウエスト·バンクーバーのパークロイヤルにあるVillageTaphoueは、灯台のような外観で、好みのビールとおいしい食事ができるレストランがある。
ここのテラス席もまた心地よい。多国籍料理の町バンクーバーでは、ガスタウンにあるメキシカンレストランLaCasita、ウォーターフロント近くのサウジアラビヤレストラン“バグダッド”、名前を忘れたがロブソン通りのビルの2階、フードコートにあるコリアンレストランは、一度試してみる価値がある。
フードコートには確か日本食もあったように記憶している。
アメリカにしか売っていないグッズも多いです

どこの先生も

バンクーバーにいるのだから、様々な国から来たクラスメイトを誘って、一緒にレストランへ行くと良い。
少なくともその国の人が美味しいといった本場の味を味わえるのが楽しい。
ショッピングと言っても私の場合大したものは購入していない。必要になり日常生活に欠かせないものだけを購入した。そのうちのいくつかを紹介する。最初にカナダと日本の生活習慣の違いを思い知らされたのは洗濯だ。
日本我が家では、洗濯は毎日行い、そして外に干す。
ホームステイ宅では、大型の洗濯機を使い、洗濯は週回まとめて行う。
洗濯後大型の乾燥機に移し換えて一気に乾かす。洗濯機、乾燥機はコインランドリーにあるものをイメージすればよい。
そこで何が困ったかというと、下着の着替え。上下4着ほどしか持ってこなかったために「着替“ちびかなだで話をしたら、ここで下着と靴下を調達。
おかげでリーズナブルに購入できた。カナダデーのえがない!」と早速ミサさん夫婦が案内してくれたのがWINNERS衣料
その後WINNERSでは、前日にカナダカラーのティーシャツ1枚を購入。
BESTBUY電気製品で“セルフィースティック”自撮り用として購入。
日本製品とは異なり動作に難あり。事前に日本で買って持ってくればよかった。を購入。私は一人旅が好きなので、ただし、ロンドンドラッグは、食品、家電などを販売するチェーン店で何店舗かある。

 

英語を学んでいくぞ!

特に、GeorgiastとGranville·stの交差点、バンクーバー·シティ·センター駅の向かいにある店舗は、待ち合わせ場所、日用品、ラ口口ンドマークでもある。
思いのほか安いものもあるので、暇なときのぞいてみるとよい。クラスメイトからカップヌードルの安売り情報を入手し、早速買いに行った。
安かったので5個ほど購入した。ウエスト·バンクーバーのパークロイヤル。そこは帰宅途中にあり、また、バスを乗り換える場所でもあることから、滞在期間の後半はよく立ち寄った。
パークロイヤルは巨大なモールだ。北と南に道路で分断され、とにかく何でもある。良くお世話になったのは、パークロイヤル南にある大阪屋。日本およびアジアの食品、お菓子はもとより土産まで置いている。日用品、リカーショップ。ここは法律で定められた酒屋で、お酒はここでしか買えない。また、お酒を購入するにはIDが必要19歳未満は飲酒禁止だが、私は当然見た目で1D提示不要。
ホームステイ先の近くのリカーショップにはたびたびお世話になった。
種類の違うクラフトビールの6本セットを購入。お気に入りはやはりペールエール。
アメリカにしか売っていないグッズも多いですアメリカ本土とは全く異なる特殊な地域に特にバンクーバーに来てIPAインディアン·ペールエールにはまっている。
クラフトビールの種類が多すぎて、毎回違う種類のビールを購入したが、全種類の何割飲めただろうか。
ドララマは、カナダの百円ショップ。お菓子に日用品、お土産になりそうなものまで、いろんなものを売っている。
結構面白く、暇つぶしができる。パークロイヤルのドララマは特にでかい。Dollarama口口IGAはオーガニックスーパー、食品、日用品は何でもそろう。
肉魚、野菜、果物、総菜を販売している。野菜不足を補うため、時折ミニトマトとアメリカンチェリー、缶ジュースを買った。
おなかがすいた時、サンドイッチにコーヒーを買ってイートインで食べたこともある。
味はまあまあかな。ホームステイ先の近くにもあったので、たびたびお世話になった。ヨコヤヤは日本の百円ショップだ。日本より少し値段は高めだが、品物は日本の百均とほぼ同様。品揃えは少ないが結構助かる。スカイトレインのチャイナタウン駅そば、インターナショナルビレッジの1階口口にある。
夜は近づかないほうが良い地域。私は学校が終わった後、たまにおせわになった。

図書館など

歴史を感じさせる外観のバンクーバー中央図書館。
立ち寄った。この図書館には大変お世話になった。

    1. 英語のアウトプットの場面を日常的にたくさん得ることが出来ます
    1. アメリカ法を制定
    1. ビジネスをやっているのに

カナダ語学留学をプランしているあなたが

宿題をしたり、ネット検索したり、居眠りをしたり、トイレを借りたり、コーヒーを飲んだりと、学校帰りにたびたびエントランスにはコーヒーショップやレストラン、土産物店がある。PUBLibraryPUBがあり、毎晩遅くまで学生が集って賑わっている。
図書館には何でもありだ。ATM、受付に学生証を提示すれば良く、図書館でWi-Fiを使うためにはIDとパスワードが必要になる。
手続は数分で完了する。本を借りる綻がなければ図書カードを作る公要はない。”置き引きに注意”の札があるが、居眠りしている時に盗まれる例が後を入り口に警備員がいて、図書館の中にも警備員が巡回しているが、ホームレスを含む不特定多数の人が入ってくる可能性は常にある。
絶たないという。不格好だが、居眠りするときは、カバンを抱きかかえるようにして寝るようにしている。
ウエスト·バンクーバーにも、メモリアル図書館やコミュニティセンターなど立派な公共施設がある。
フリーWi-Fiが利用できる。もカフェが併設され、読書やスこちらはIDもパスワードも必要なく、ここバンクーバーの人々は、ポーツ、様々なアクティビティの合間に気軽にコーヒーブレイクできるようになっている。
こうした施設が身近にあり、いつでも活用できる素晴らしい環境に恵まれて1.。
そういえば、最近日本でも病院や本屋の中にカフェを併設している例が増えてきた。良い傾向だ。ビクトリア、シアトルUSAロッキー、ウィスラー、バンクーバー周辺には、一度は行ってみたい場所がある。
その中で私が訪れた場所をいくつか紹介する。番目はカナディアン·ロッキー。その雄大な自然、切り立った山々、氷河が削り取った谷、エメラルドグリーンの湖、澄み切った川、長い歴史を積み重ねてできた氷河など、とても言葉で言い表すことができない風景に出会うことができる。
私が訪れたのは6月の末で、幸い天候に恵まれ快晴。バンクーバーと同様、晴れると日差しは思いのほか強い。専用車で氷河の上まで行って写真撮影ができた。しかし、その傍らでは氷河が勢いよく溶けているのが感じられた。ガイドの説明によると、この氷河観光も、数年後にはできなくなるのではと不安視する研究結果があるそうだ。
私はバンクーバーからカルガリーを経由してバンフ国立公園に入った。
飛行機を使えば2泊3日の行程だが、陸路だと3泊4日は必要になる。

英語で説明する
カナダでのネット環境を心配している方は多いと思いますがどうかご安心を

トロントに行って専門的な

次にブリティッシュ·コロンビア州BC州の州都ビクトリア。
ビクトリアは歴史的な背景から、イギリスの面影を色濃く残す美しい街だ。
最初に訪れたバスション·スクエアにはいきなり驚かされた。通りには花があふれ、歴史を感じる古い建物、おしゃれなカフェ、小物売りの屋台、ストリート·ミュージシャンによる演奏など、中世ヨーロッパにタイムスリップしたかのような錯覚に陥る。
そこからインナーハーバーの海岸に沿って歩く。右手に港、左手にフェアモント·エンプレス、正面にBC州議事堂が姿を現す。
私はバンクーバーから日帰りで、ブッチャート·ガーデンとビクトリアを観光したが、正直1日では厳しい。
フェリーの移動時間がかかることに加え、ブッチャート·ガーデンとビクトリアのあるダウンタウンが離れているため、バスでの移動に時間がかかる。
できればアフタヌーンティーを飲みながらゆったりとした時間を過ごしたい、そのためには最低でも1泊二日は必要だ。
2010年のバンクーバーオリンピックのスキー場でもあるウイスラー冬だけでなく、オールシーズンのリゾート地として開発されたウイスラーウイスラー山とブラッコム山をつなぐゴンドラPeak2Peakからの眺めは最高、のはずだった。
しかし、あいにく私が訪れた日は曇り、深い霧で視界が悪く、ゴンドラに乗ったものの景色はほとんど見えなかったのが残念。
幸い雨が降ってなかったので、以前からあこがれていたカヤックに初めて挑戦した。
近くのアルタ湖までサイクリングし、そこで一人乗りのカヤックに乗った。
基本動作を教わり、最初は恐る恐る岸から離れていった。いつの間にか恐怖心は消え、湖の中心まで行ったときには、表現できないような爽快な気分に包まれた。
機会があればまた挑戦したいものだ。ウイスラーへは、バンクーバーからバスで約2時間、事前予約しておくと安心だ。
シアトルはバンクーバーから最も近いアメリカの大都市。見どころはたくさんある。ガイドブックで調べていくとよい。例えば、ダウンタウンの東側には、かつてイチローがシアトル·マリナーズに所属し活躍したセーフコ·フィールド球場がある。
近くに行くとその大きさに圧倒される。