ハワイ旅行をしたいというのであれば

海外のホテルでの土足生活を乗り切るにはスリッパは必須といっても過言ではありません

太陽の光にキラキラと輝く紺碧の海、私の場合、ただとしか言い様がない。
吹街路の両側で真っ赤に咲き乱れるブーゲンビリアなどのイメージが直ぐ私の頭を過ぎるのである。
途端に身き渡る爽やかな風、ホノルル空港に降り立つと、体中の血が活き活きと血管の中を流れ始めるように私は感じる。
コンドミニアムはオアフ島·ワイキキに選んだ。何故オアフ島か、カウアイ、私の場合、他の島マウイ、ハワイ島などでは私は退屈で死んでしまいそうになるにワイキキ地区やダウンタウンでは毎日のようにイベ違いないと思ったからである。
その点、オアフは観光客やら現地人やら人が杯いて刺激に満ちている。
特に、ント殆ど無料が多いハワイ州観光局のホームページでイベント·カレンダーもしハワイに行かれるのであれば、前準備としがある。
が掲載されているので、て日本にいる時から十分にお調べになりメモって置かれるようお薦めしたい。
ハワイの朝、眼覚めた時さて今日は何をするかと言う時にこのメモは役立つ。
私の場合はどの土地に行こうとも、人間がいっぱい居る場所、文明の息遣いが感じられるところが好きである。
これは、私個人の性癖であろう。人の居ない所で静かに過ごしたいと思われる方もおられるに違いない。
その場合、他の島と言う選択肢もあるのは当然である。ワイキキ·バニアンを滞在コンドミニアムとして選んだ便利が良い位置理由は毎日の生活ににあるからである。
ホノルル動物園に近い。孫たちがやって来バス停が直ぐ近くバニアンの玄関先にあり何本ものバス路線が走っている現在はこのバス停50mほどた時、連れて行くのに都合が良く歩いて行ける。
但し、移動している

ハワイ州内で収穫できる農産物や海産物以外の商品は全てハワイのツアーもありますオアフ島のどこへ出かけるにも便利だった。クヒオ·ビーチにも近い。朝市が近所のワイキキ·コミュニティ·センターで開かれる。朝市とは近所火曜·金曜の午前中に開かれた。ジャガイモ、トマト、の農家が栽培した新鮮な野菜や果物を直接販売する即席市場であり、週二日、私たち夫婦はこれを重宝し、ブロッコリ、マンゴ、玉葱、胡瓜、パパイヤなどを買い込むのが常だった。
値段はこれだけ全部買っても10ドル前後だった。コミュニティ·センターでは妻はフラダンス、私は太極拳やヨガのレッスンに参加した。
他にウクレレ演奏、このワイキキ·英会話、空手などの講座もある。
水全てボランティアによって運用されているので参加料は安くで旅行者でも現地人でも誰でも参加できる。
いずれにしても自分が楽彩画教室もある。1回3ドルしく生活できる場所にコンドミニアムを選ぶことは極めて重要である。
私たちはそんなに英語が出来るわけではないが、何となく会話は成り立っていた。
コンドミニアムを借りるどの様な手順でコンドミニアムを契約するのか。
個人所有のコンドミニアムの一室を、その所有者が使用していない時期に他人が有料で借りる制度のことを「バ所有者を見つけて直接借りる交渉をすると安く借りられるかも知れない。
ケーション·レンタル」と呼んでいる。あなたがハワイにいてコンドミニアムを訪れると、「今この室が空いています。
借りたい人はここに電話ください」と言うメッセージを眼にする。大抵,階の目立つ所に掲示板があってこの情報を得て直接交渉することも可能だ。
所有者と借りたい個人の間にたって、紹介·契約手続きをしてくれる業者も多い。
インターネットでその会社を見つけた。私の場合は、社長は日本人で日本の大手運輸会社のサンフランシスコ支店長などを歴任された方で定年退職後にハワイで旅行社を経営されていた。
私の借りたのは1BR1ベッド·ルームと言われるタイブでベッド·ルームとリビングルームとキッチンがぁコンドミニアムの室のタイプは数種類あるが、ラナイベランダり、がある。5人まで宿泊可能だ。

 

ハワイアン航空は就航をしている都市は多いものの毎日の運航ではなく

むしろ何人でも泊まれるが、ハワイの消防法で人数が制限されているとのことだった。
部屋を借りる料金は一般的に、000ドル位であろうか。シーズン·オンとオフ、ダイヤモンド·ヘッドが見1ヶ月·1室1.500から3.海が見える部屋、える部屋などで料金に差がある。
1ヶ月と1週間で2.480ドル水道·光熱費·市内電話代·税金込みだった。
私の場合は11月12日から12月16日まで、ハワイ到着日の鍵の受け渡し、相談·質問などすべてインターネットで日本語により当該旅行会社と情報交換を行った。
契約から送金、ハワイで暮らすと言うことはアメリカ政府の保護の下で、やはり病気とか何か突発事件が起きた時は、身近に日本語で相アメリカの法の下で暮らすことである。
平穏無事でアラモアナにあった旅行社にはヒマな談できる人がいてくれると心強い。
その意味で現地の日本人旅行社は頼りになる。もっとも私の場合は、全期間、時、遊びに行ってお茶をご馳走になるくらいであった。
滞在日録

愈々ハワイ·ロングステイ出発の日である。

午後2時、長女が車で私たちを近くのバスセンターまで送ってくれた。
米や調味料など詰めに詰めた旅行鞄の重量何しろ1ヶ月以上のハワイ暮らしというので、教訓①実際は殆ど持参する必要のない物を持参した。
は大変なものになってしまった。ワイキキでは日本にあるものは殆ど何でもハワイにあり、しかも東京よりも安いことが多午後2時50分、神奈川中央バスは定刻通り町田駅前を出発し保土ヶ谷バイパス、横浜ベイブリッジを経て湾岸線に入り途中渋滞もなく2時間で成田空港かった。
に到着した。6時間半の飛行で小雨煙るホノルル空港に朝到着した。飛行機は定刻に成田を出発して、大きな虹が空いっぱいに広がって私たちを迎えてくれた。
空港での諸手続きを終えて個人用出口から出ると、インターネットでの打ち合わせ通り旅行社のKさんが待っていてくれた。Kさんは50歳過ぎ、在ハワイ30年である。若い時はニューヨークで働いていたこともあるとのことであったが、今はハワイ在住である。
彼の案内で先ずコンベンション·センターにあるホノルル市庁舎の分室に行って、シニア·バスパスバスの定期券を作った。65歳以上ならば市民、旅行者を区別せず30ドルで一年間通用する市バス定期券を発行して貰える。
パスポートを見せて30ドルを支払うと写真入りの定期券が20分程で出来上がった。
これでハワイ滞在中の足は確保出来たわけだ。今回はヒマな身の上、十分にバスを活用しオアフ島めぐりをするつもりである。
妻は65歳に達していなかったので、通常のバスパス1ヶ月用をカラカウア通りのセブンイレブンで購入40ドルした。
このパスの有効期限は1ヶ月であるが、購入した日から1ヶ月と言うのではなく、有効期限は常に月末なので月の半ばで買うと月末までの残り半分しか使えない。
ある。

    1. 日本人のツアーのボート説明の中に記載があります
    1. ワイキキより空港方面へ車で約20分
    1. アメリカが嫌いだとは言っても

大きくお得度合が変わってきます

月の始めの一日に買うと丸々1ヶ月使えるが、ワイキキ·バニアンに到着し鍵を受取り、部屋の設備·使用方法などの説明を受けた。
その後、ダイエー現在はドンキホーテに行ってこれからの暮らしで要と思われる日用雑貨品の買物をした。
英語半分、日本語半分の買物である。昼食はアラモアナ·ショッピング·センター1階のマカイ·コートで済ませた。
空腹だったこともあって中華料理は大変美味しかった。ブルーハワイ

モアナ·サーフライダー·ホテル1910年開業有名ホテルのビーチ·サイド·バーで、

バニヤンの大樹の下でカクテル「ブルーハワぶらぶら散歩の途中で、運良く地元ラジオ局が音楽演奏とフラダンスのライブ放送をこのホテルの庭で行っていた。
イ」を飲んだ。しばらくするとサンセットの時間午後5時30分となり、ワイキキの遥か水平線上に真っ赤な大きな太陽が沈み始めた。
この海の遥か向:う5.000kmの彼の同じ時間は東京ではお昼の12時30宇宙の仕掛け方に日本列島があり、今この同じ時間は東京ではお昼の12時30分である。
サラリーマンたちは背広·ネクタイ姿で昼食をパクついているであろう。
当然とは言え私はいつも不思議な気持ちになる。上、一羽の鳩が私のテーブルにやって来て、テーブルにこぼれたスナック菓子を食べている。
これまでこのテーブルに座った人人間を恐れる気配は毛頭なさそうだ。
たちは十分に優しかったのであろう。
ハワイへと飛ぶことも同じマイル数で可能なのです

Hawaiiでは全く違いばす

手を出せば触れる距離だが、鳩はただ無心にスナックを啄んでいる。
私はカクテルを2杯飲んだ。ステージで始まったフラダンスを見ながら...。太極拳

どう言う訳か多分、

時差呆けの所為であろう。
朝6時に目が覚めた。カピオラニ公園を1時間かけて散歩した午後、近くのワイキキ·コミュニティ·センターWCCに出かけて、地元の人たちがやっている太極拳の練習サークルに参加した。
先生は中国広東省出身でかなりの年輩の方である。生徒は7名、その中に韓国出身のAさんがいた。Aさんは76歳で奥様とハワイに長く住んでいる。家が大きいので、老夫婦にとって毎二人の子ども長男は既に48歳は独立し共にニューヨークで働いている。
ハワイに帰って来る様子はなさそうと話す顔は少し寂しげで日の掃除が大変だそうだ。
あった。ハワイに来れば東京でマンネリになりかけている私の定年後の生活に何か変化が起きるのではないかと期待していたが、まだ何の特別な感慨もなく時差呆けで昼間眠い。
ぎようとしている。ただ、「パールリッジ·センター」

今日は市バス(The

バニヤン前から20番のバスに乗ってパールリッジ·センターに行った。
今度の旅ではオアフ島内の隅々まで市バBus)に乗って遠出した。
スで出かけるつもりである。バスはワイキキを出発した後、西行しホノルル国際空港に到着した。


ハワイのツアーもあります オアフに来た人 価格は200ドル中古自転車を探すのであれば