現地のホテルや

米国に2人で行ってきつまり

以下はその中のふりかへるを望まざるゆえにわれふたたび望まざるゆえにわれふりかへるを望まざるゆえにこの人の才、かの人の力をうらやみてかかることどもを求むる努力をばもはやわれ努力してなすことなしなにゆえに老いたる鷲、その翼をはるの要ありや常の世の権力の失せたるをなにゆえにわれ嘆くの要ありや現実の時のはかなき栄光をふたたび知るをわれ望まざるゆえに想はざるゆえにただひとつこれのみは真なるかりそめの力をわれもはや知ることなきを知るゆえにわれ飲みえざるゆえかしこ樹々の花ひらき泉あふるるところにてそはかしこにはもはやなにものもなきゆえに時はつねに時、場所はつねに場所にしてただ場所たるのみなるをわれ知るゆえに現実の現実たるはただ一度のみしかもただひとつの場所においてのみなるをわれ知るゆえにわれは事物のあるがままなるをよろこびてかの祝福を受けし顔を求めずまたかの声を求めずふりかへるを望まざるゆえにわれふたたびこのゆえにわれよろこびてなにものかよろこびの礎をうちたつべきことをよろこびわれらのうへに慈悲をたれたまはんことを神に祈りまたみづからとかくも多くを論じかくも説くことの多きにすぎたることどもをわれをして忘れしめたまへと神に祈るふりかへるを望まざるゆえにわれふたたびかくいヘる言葉をわがなせしことの答へとしなさざることなからしめんふたたびかの審判のわれらに下るとも苛酷にすぎることなからしめたまへこの翼天翔る翼にあらずもはやただ虚空をうっとうみにすぎざるゆえにそのうつ空気いまや限りなく薄くかつ乾き意志よりもなほ希薄にして乾けるゆえに思ひてしかも思はざるすべをわれらに教へたまへわれ罪びとのためこの死にのぞむいまはのときに祈らせたまへわれらのためにこの死にのぞむいまはのときに祈らせたまへパス渋滞
ハワイ旅行をしたいというのであれば

ダイエーで買物をした後、

2番のバスを待っていたが1時間以上待ってもバスが来なかった。
歩いて帰れば40分くらいの距離だが雨が降っ夕方5時頃、遂に1台のバスが来たが満員で無常にもそのまま誰も乗せず通過してしまった。
ハワイのバスは満員になるそれに荷物も多いので辛抱強く待った。ていて、とそれ以上は乗車させない。今日は週末の金曜日で、ちょうど今はオフィス勤めの人々が一斉に退社する時刻なので道路に車が溢れ渋滞になったようだ。2番のバスはダウンタウンオフィス·ビル街からやって来る。
やっと乗れたバスは超満員で、すると若いアメリカ人女性が席を譲ってくれた。
私は乗り物で席を譲って貰う私は両手に大きな荷物を持って立っていた。
第.回目は半年前、のは、生まれて以来これで2度目である。千葉の京葉線で会社からの帰宅途中だった。ハワイにいても東京にいても確実に歳をとっていと言う事実は変わりがないようだ。
る、来年3月まで滞在という人が多い。寒い東京の冬を避け、暖かいハワイで過ごすとは優雅な生活ぶりである。
彼らハワイで出会う長期滞在中の日本人は、は海外旅行もハワイを基点にしてラスベガスとか、カナダとかヨーロッパに出かける。
旅行費用もかなり安く上がるとのことだった。ホノルル·シティ·ライツ

添乗員が付いてくれるものは添乗員付き“

  • ホノルルセンチュリーライドた
  • ホノルル空港は出国の旅客と入国の旅客が同じフロアにいるので
  • ハワイの価値を考えよう


日本人のコンドミニアムを訪れると


アラモアナ·ショッピングセンター

今朝のワイキキの海は紺碧の青、

真っ白い船が数隻、白く航跡を引きながら右方向へ、その上にキラキラと明るい太陽が輝いている。
即ちホノルル空港方私はバニアン29階の部屋のラナイの椅子に座って、朝のコーヒーを飲みながらビルの合間から見えるそれらの景色を眺めて楽しむ。
の点灯式を見物する為に市庁舎前までバスで行った。午後6時26分、夕方、5時からホノルル·シティ·ライツHonoluluCityLights女性市長の手で市庁舎前に設置されて巨大クリスマス·ツリーに点火された。
この瞬間を以ってハワイ全土が-斉にクリスマス·モードに入るのだ。
点灯式の後はパレードだった。1時間余りこのパレードを見物して、バニアンに帰ったのは午後9時だった。
ハワイのかき氷

バニアンの窓からクヒオ通りを眺めていると、

の所為か曇天の所為か、車の数も普段にクヒオ通りが閑散として物寂しい感じが漂っている。
夕方5時比べると格段に少ない。
いつもの雑踏が嘘のようだ。ふとした瞬間にこんな時間が現出することがある。今日はノース、ハレイワHaleiwaに行って日本人経営するマツモトの「かき氷ShaveIceいちご氷」「宇治金時を食べた。
要するに日本のとかとかのかき氷である。withbeanと言えば甘いあずきをトッピングしてくれる。1.6ドル也。大抵のハワイガイドブックはこのマツモトのShaveIceが紹介されている。
特に外国人(アメリカ、には珍しいようで好んで食べていた。
Hawaiiで旅行社を経営されていた

ワイキキでもやっていますので

ヨーロッパなど)街角で聴くクリスマス·ソング

昼休みの時間に

「イルカと鯨ウォッチング·ツアー」ロイヤル·ハワイアン·ショッピングセンタを申し込むためにカラカウア大通りを歩いていたら、前広場で高校生合唱団がクリスマス·ソングを歌っているのに遭遇した。
美しく清らかなメロディに思わず立ち止まって30分ほど聴いた。揃いの白いされた制服姿でひたむきに歌っている。きよしこの夜「ジングルベシャツ、下は男女とも黒に統に振りがあることを、この時始めて知った。
その他ハワイで遊び疲れたわが身にとって、高校生が歌うクリスマス·ソングはキリッと締まって新鮮で感動的でさえあっや、私の知らない数曲を合唱した。
ル」た。居並ぶ観客も一斉に盛大な拍手を贈った。午後はアラワイ·ゴルフに行った。日本のビジネスマン2人とコースを回った。日本語でゴルフができたので気楽だった。日本人ビジネスマンは2人とも几帳面にスコアブックに記入していた。
気がついたことだが、その時、これまで一緒に回ったハワイ居住者たちはスコアを殆んど記入していなかった。


ダイヤモンドヘッド登頂帰りの観光客で混雑するので開始直後は避け

ワイキキとは違い

ヨガ

午前中はコミュニティ·センターのヨガのレッスンに参加した。
今日の生徒は3名、日本人旅行者は若い女性と私だけ。他にハワイ在住の日本人3人とその他は全員外国人非日本人である。
但し、ハワイから見ると我々外国人の中にはアジア系も混じっていた。
こそ外国人だが...。レッスン時間は1時間半、インストラクターの声は聞き取り難く、専門用語も入るので私としては20パーセントくらいしか理解できない。
講師の動作を真似ていれば良いので、しかし、特別言葉の問題は障害にはならない。
イルカ·ウォッチング

イルカ·ウォッチング·ツアー57ドル/人に参加した。コオリナ·リゾートの近くの「バーバーズ·ポイント港BerbarsPointHarbor」までバスで行き、

其処へ行けば必ず会えるらしい。
そこからイルカの居る海域に向かって出航した。イルカの家族がこの海域に住んでいて、通常、鯨には遭遇しなかった。
JALホノルル·マラソンのレースデー·ウォークへの登録35ドル/人をアウトリガーサーフ·ホテルのJAL受付カウンターで行なった。
受け取ったゼッケン番号は40Iこれは奇しくも私の日本での携帯電話と同じ番号である。
当日はアラモアナSC前から午前5時に先ずマラソン組がスタートし.その後にウォーク組が出発する。ウォーク組はマラソン組と同じコースを10km歩く。

ハワイのホテルのアメニティグッズには含まれないので


米国に行くのに往路は全日空で

向こう三軒両隣

これまでに撮った写真の現像を頼んだ。

1時間出来上がり1HourService24時間出来上がアラモアナSCのロングス雑貨LongsDrugsに行って、とリ24HourServiceがあって私は24時間の方こちらの方が安価を選んだ。
サイズは4×6インチで、枚数は各1枚シングル
価格はフィルム1本につき7ドルだった。アラワイ·ゴルフ·クラブに行った。「日本の生活の全てを捨てて」(TさんアラモアナSCから帰ってから、一緒に回った人にさんがいた。Tさんは定年後、の表現)ハワイで生活を始めた人である。現在はハワイ在住7年目で、趣味と実益を兼ねてウクレレ奏者として暮らしているとのこと。
クヒオ·ビーチで演奏する彼によれば、「ハワイは良いところ、特に気候が良い。
こともあるそうだ。