Hawaiiで生活しようこの章では

ハワイの医療費の話をしたいと思います

子供孫たちと私たち夫婦ノ6人でダイヤモンド·ヘッドに登った。

2番のバスに乗って、『ダイヤモンドバス停で下車。
バス停からは登山道入口インフォメーションセンターワイキキから2·ヘッド登山道入口』まで5分ほそこに切符売場があり、ど歩く。
登山料1ドルを支払った。冗ダイヤモンド·ヘッドは標高232m、5歳の子どもでも1時間弱で登れる。
頂上からの眺望は絶佳なり。ハワイに来て2週間経った。次々と忙しく帰って行く。毎日、日本からの大部分の観光客は1週間ほどこのワイキキに滞在して買物をし、凡そ5.000人弱の日本人観光客がホノルル空港に到着する。
アメリカ、カナダなどからの観光客は多分日本人の二倍以上多いと思われるが、彼らは概ね1カ月以上滞在する。1週間滞在する人と1カ月以上滞在する人とでは、ハワイは異なって見えているに違いない。
会社出張で数年間ハワイに滞在するビジネスマン、或いは事情あって生涯をこの地で過ごすことを決心した日本人にとっても、それぞれにハワイは異なって眼に映っているであろう。
永住を決意した日本人には日本は懐かしく望郷の念止み難い国である。
異国に暮らせば誰でもそうなるのであろう。事情あって日本に帰ることができない人々、今さらややこしく物価の高い日本の生活に足を踏み入れたくない人もいるであろう。
異国の文化に慣れ親しんで、その良さを十分更に帰ることはできても、既に、に理解してしまった人には日本は既にハードルが高い国になってしまっている。
彼らが日本を語る時、彼らはまるで大切な宝石を扱うように山口」「広島とか自分の故郷しかし、●様にその眼には懐かしい望郷の想いの涙が宿る。

海外のツアー参加の場合は朝食後の集合でHawaiiで生活するための有益な情報はいろいろなところに無料で転がっていますとか、ハワイの日本語放送に演歌が多いのは単に気のせいではないであろう。
の地名を口にする。4泊6日、5泊7日でハワイにやって来る数多くの日本人が見ているハワイは実は地元の人たちの知らない別のハワイかも知れない。
それはハワイ州観光局や観光業者が創り出したファンタジーだが、このファンタジーを成功させる為に多くの仕掛けが隠されていて成功している。
ノースショア

ワイキキからアラモアナ·ショッピング·センターに行き、

52番バスに乗り換えノースショアに向かった。
朝の9時半にアラモアナを出発すると11時頃に、「ドールの農園DOLEPlantation」に到着した。
此処は次回訪れることにして、そのままノースショアに向かった。大波が出ることで有名なサーファー憧れのサンセット·ビーチに到着したのは正午過ぎだった。
青く美しい波が打ち寄せる中で、大きく、何人ものサーファーがこの美しい風景を眺めながら昼食でもと思ったが、ビーチでサーファーを見物している大きな凧を空に泳がせながら、巨大波と戦っていた。
ビーチに売店がない。のは00人くらいであろうか。ほとんど全ての人は車で来ていた。

 

アラモアナ·ショッピングセンター>

波が引くと砂浜の中にポッ波が荒いのでビーチは遊泳禁止である。それでも勇敢に泳いでいる人がいた。泳ぐよりも押し寄せる波に呑まれて一瞬姿が消える。ネンと一人取り残されている、その繰り返しである。これは泳いでいることになるのだろうか。私たち夫婦が交代で被写体になって写真をとっていると、近くにいた米国人夫妻が「シャッターを押してあげる」と言って撮ってくれた。
30分ほど美しい大波を見た後、再び52番のバスに乗って着いたところはタートルベイリゾートだった。
ここは52番バスの終点である。この同じバスが今度は55番東の海岸線を巡ってアラモアナ·ショッピング·センターまで戻る。
と看板を替えて、ノースショアなどで途中下車をしなければ、2ドルで4時間半をかけてオアフ島東部を半周できる。
1日のリクリエーション費用としては安上がりでもし、結構楽しい。
私はシニアバスパスを持っているので、昼食費以外は何の費用も発生していない。
昼食費は2人で数ドル(10ドル以下、1人前をオーダーして2人で食べるとちょうど良い分量である)だった。
腹八分という観点からではそれでも多すぎるくらいだった。ドールの農園アラモアナにあった旅行社にはヒマな談できる人がいてくれると心強い

今日は52番バスに乗って「ドールの農園DolePlantation」に行った。

此処は生鮮果実や野菜を世界的規模で取り扱っているドール社の所有する広大なパイナップル畑がある。
正にハワイに相応しい景観が拡がっている。私たちはパイナップル畑を案内する四両編成のディーゼル列車乗車賃7ドルに乗った。
この列車は赤土のパイナップル畑を20分で一周する。この間にドール更にはパイナップル娘などの陽気な往時の曲も流され気分はすっかり楽しくなる。
の歴史やらパイナツブルに関わる様々な解説がマイクから流される。
パイナップル·ソフトクリーム3ドルを食べた。
これはソフトクリームの周囲に、刻んだパイナップルが並べて、パイナップルとソフトクリームを両方一緒「私のアドバイスに食べる仕掛けになっている。
ツアー·コンダクターと名乗る中年の日本人らしき男私たちを自分のグループの客と間違えたのだろうか?が,に間違いない」と言って、このソフトをしきりに食べなさいと薦めてくれた。
今日は感謝祭でオアフ島は全体に静かである。

    1. ハワイクラブでマイルを貯めると日本
    1. ワイキキの真ん中に位置していますが
    1. ダイヤモンド·ヘッドが見える部屋などで料金に差がある

アメリカからの収入はダメビザ免除プログラム·Bビザ·法労働にあたります

アラモアナ·ショッピング·センターも全店閉店で閑散としていた。
いつも賑わっている場所に、人っ子ひとりもいないのは何かしら異様な雰囲気であった。
買物

ハワイ滞在中の私の買物は、食材·生活必需品を除外すれば、スニーカー1足54ドル+靴底に敷くクッション20ドルとポケット版辞書

95ドルとOxfordDictionaryThesaurus;10.95ドルである。
日本で新調した靴を履いて来たのだが、合わなくて足に豆2冊CollinsWebster’sDictionary;6.ができてしまった。靴はアラモアナSC2階「フット·ロッカーFootRocker」でNewBalanceを買った。
この靴は極めて快調である。辞書もアラモアナSC1階のけエルデン·ストアWeldenBookStore一念発起してウクレレ350ドルも買った。
これは物に成りそうにも無い気配も感で買った。その他は、しかし、後日談だが、結局私は長続きせず子どもにあげてしまった
じているカラカウア大通りKalakaua·Avenueにある免税店DutyFreeShopを覗いてみたが日本人観光客が溢れていた。
客のほとんど全部が日本人である。なかには30無造作に買っている人もいた。
アラモアナSCに行った

サービスや商品を提供している

万円もする腕時計を複数個、米国人を見かけないのは当然としても、中国人、韓国人もなかなか見当たらない。
免税店DFSは全く日本人の買物パワーで成り立っている。
安い欧米人は安くて良い物があっても必要でなければ買わないの日本人は良い物がという理由で買うのだろうか。
ではないか。午前中、チャイナ·タウンに出かけてカニとエビを買った。バスは13番に乗ってリリオラニ宮殿を左に見て、右に曲ると三つ目のバス停がチャイナ·タウンでチャイナ·タウンはいつもの様に活気に満ちていて上海の場末を歩いている錯覚にとらわれる。
ある。コンドに帰った後、ヒマになので買ったばかりの二つの辞書で一つの言葉、ブランチbrunchCollinsWebsterはbreakfastandlunchを比較してみた。
すると、OxfordDictionaryでは「amealcombiningbreakfastandlunch」であった。
combinedであり、夕方7時からワイキキ·カラカウア大通りでワイキキ·ダブルツリー·ホリデーパレードが開催された。
パレードの中心は陸海軍の音楽隊とオアフ島内高等学校のバンドであった。
パレードの中には日本の真珠湾攻撃を体験し生き残った兵士既にかなりの高齢者、80歳代が数台のオープンカーに分乗して登場した。
沿道の観衆は一斉に拍手を送っていた。アメリカ人はパレードが大好きである。見ている人たちの心を高揚し愛国心をかき立てる。


Hawaiiで生活するための有益な情報はいろいろなところに無料で転がっています ハワイ専用の電話番号を持っているというのはワクワクするものですしね Hawaiiで生活しようこの章では